「安屋活動」の内容

 

【テーマ】

・親子で里山活動を楽しむ

・子どもの自然教育を通じて、子どもの生きる力を育む

 

 

【内容】 

 2011年10月より、『響みどりの会』が里山活動を行う若松区安屋にある「安屋桃源郷」を拠点に下記の活動をしています。

 

・里山体験活動 (散策、山野草採取、観察会)

・栽培活動    (サツマイモ、ジャガイモなど)

・野外調理活動 (収穫・採取したものの調理、竹ご飯、スープ)

・里山管理活動 (竹林整備、散歩道整備、植樹)

 

 

【活動日の流れ】

安屋活動では、お兄ちゃんお姉ちゃん、お父さん、お母さん、家族みんなで楽しみます。

到着した家族から、大人は準備を始め、子供は思い思いの場所で遊び出します。

 

みんなが集まると散策をして、植物の季節を感じます。

何より子供たちが大好きなのは野いちごです。

野いちごの季節には、子供たちは我先に何週も探検をして、マイ竹カップにたくさんのいちごを集めます。

誇らしげにドングリを拾う子もいます。

 

時季によっては、畑作業をします。秋はお楽しみの芋ほりもします。

春には竹の子を掘って、その場で料理する、竹の子祭りもします。

掘りたても何よりですが、自分で掘った竹の子は何よりおいしいです。

 

時間のある時は、野外料理をしてみんなで昼食を作って食べます。

寒い時期には、大鍋で作るスープが体を温めてくれます。

 

竹林ならでは、豊富な竹を使って竹の器や竹の滑り台を作ることもあります。

ちろんやりたい子が率先して作っていきます。

切った竹がその場に積んであるだけでも、十分な遊具になります。ここでは作り物の遊具は必要ありません。

大きな竹を二歳の子がお父さんと切ったり、小学生が自分のノコギリで切ったりもします。
切り終えた後の満足感が何とも言えません。

 

2012年12月に安屋の竹を使って、スタードームを作るイベントを行いました。
2012年12月に安屋の竹を使って、スタードームを作るイベントを行いました。
2012年12月に安屋の竹を使って、スタードームを作るイベントを行いました。
2012年12月に安屋の竹を使って、スタードームを作るイベントを行いました。
天幕を張り、中に明かりを灯すと、幻想的なドームが浮かび上がりました。 ドームの中で遊ぶ子ども達は本当に楽しそうでした。
天幕を張り、中に明かりを灯すと、幻想的なドームが浮かび上がりました。 ドームの中で遊ぶ子ども達は本当に楽しそうでした。
冬至にちなみ、キャンドルナイトということで100本の手製の竹灯篭に明かりを灯しました。
冬至にちなみ、キャンドルナイトということで100本の手製の竹灯篭に明かりを灯しました。
サツマイモなどを栽培している畑の様子です。
サツマイモなどを栽培している畑の様子です。
かまどを作って野外調理をしています。
かまどを作って野外調理をしています。
子どもも大人も安屋の竹を使って楽しんでいます。
子どもも大人も安屋の竹を使って楽しんでいます。
「響みどりの会」の方に教えていただきながら、こんなに太い竹を切っています。
「響みどりの会」の方に教えていただきながら、こんなに太い竹を切っています。
子ども達で作った竹の滑り台。楽しそう。
子ども達で作った竹の滑り台。楽しそう。